ヒーリングサロン ルブラン 【東京・目黒】 シータヒーリング・レインドロップ・ヤングリヴィング

インタビュー/インタビュー02

Top / インタビュー / インタビュー02

森本規子さん インタビュー


『苦しいことやつらいことがある人ほど、明るい未来が見える可能性をくれる場所』

――シータヒーリングを受けて、具体的に何か変わりましたか。
一番良かったことは、シータヒーリングを受けたことで、自分の内面に心を向けるきっかけができて、今まで外に答えをたくさん求めてたものの方向性が全然変わったことが大きかったかなと思います。

――ルブランで受けて良かったことはありますか?
やっぱりここで受けたセッションもそうだし、ここで出会えた仲間のかけがえのなさっていうのは本当に言葉に言えない。私にとっては生きることそのものを分かち合える。表面的なことじゃなくて、自分にとって認めたくないようなことも安心して分かち合えるような人たちとの出会いがあった場所ということですかね。

――今後、受けられるのを検討されている人に何かメッセージありますか?あればお願いします。
たぶん苦しいこととか、つらいこととか、今の自分で抱えているものっていうのがあるときに、一歩踏み出してみて、最初は未知の世界だけど、やっぱり私にとってはルブランでシータヒーリングを受けたことで、受ける以前の自分が想像できなかったような自分の現状とか意識のあり方とかいうのを今体験できているので、苦しいことやつらいことがある人ほど、私はたぶん明るい未来が見える可能性をくれる場所なんじゃないかなと
思ってます。

――あなたにとって長谷川暢子とは。
はい。まずセラピストさんとしてもすごく本当に考え尽くされている施術が本当に心地良くって。あとは先生としても情熱いっぱいに教えてくださる。質問はわからなかったら後で調べてくださるし、そういう意味ですごく真摯さを感じる。お友だちとしても何かちょっと面白いというか。好きなことに対する突き進んでいく情熱っていうのを私はすごく尊敬していて。シータヒーリングを教えるっていう情熱を生徒として受けたときに、この先生から受けられて良かったというのをすごい感じたので、そういうところが魅力だと思います。

☆全受講生さんの声はこちらからどうぞ。
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional