BLOGブログ

TOP  -  アロマ  -  ヤングリヴィングのアロマ達  -  瞑想におすすめのアロマ7種と、効果的な使い方

ブログ

おすすめ記事

瞑想におすすめのアロマ7種と、効果的な使い方

アロマは瞑想の効果を上げてくれる、素晴らしい存在です。昔から宗教的な場所や儀式などで香りが使われてきました。

香りによって人は神聖な気持ちになったり、神に繋がるトランス状態になったりと、天との橋渡しを担ってきたのです。

今回は瞑想の効果を高めてくれるおすすめのアロマをご紹介します。

 

アロマが瞑想に与える効果

実は香りを使う事が瞑想がにとても効果的だとご存知でしょうか。

なぜなら、アロマは脳に直接作用するほど分子が細かく、香りを嗅いでいると脳の扁桃体に直接届いていくからです。

そのため、香りは思考を介さないで脳に0.2秒で届くと言われており、瞑想の時にアロマを使うと雑念が湧きずらく潜在意識に直接繋がりやすくなるのです。

 

また、オーガニックで高品質なエッセンシャルオイルの場合、52~320Hzと、とても波動が高いため高い波動と共鳴することで瞑想がしやすくなり、宇宙と繋がっていく効果も期待できます。

宇宙と繋がる女性

瞑想する時におすすめなアロマ7選

アロマはその時好きだな、と感じた香りを使ってみて下さい。

または、お持ちのものから、直感で引いて瞑想するのも楽しいです。

これから瞑想用にアロマを揃えたい方のために、おすすめのアロマを7本選んでみましたので参考にされてください。 

 

フランキンセンス 

イエスキリストがお生まれになった時、東方から来た賢者が捧げた贈り物は、乳香つまりフランキンセンスだったと聖書に記述があります。

フランキンセンスの樹脂とアロマボトル

昔から、教会で使われており、とてもスピリチュアルなアロマです。

ハイヤーセルフと繋げてくれるとも言われていますので、瞑想にピッタリです。

関連記事:フランキンセンスのスピリチュアルな効能と効果

 

シダーウッド

木の落ち着いた深くて優しい香りがして瞑想的な雰囲気にピッタリです。

セスキテルペンと言って、脳に酸素を送る効果がある成分が高濃度で含まれているため、脳のパフォーマンスを上げて瞑想の効果を高めてくれます。

 

ミルラ

イエスキリストがお生まれになった時、乳香(フランキンセンス)と一緒に捧げられたのが没薬(ミルラ)になります。

あなたとキリスト意識を繋げてくれる、とてもスピリチュアルなアロマです。

元々固形であったことから固まりやすいので、気になる方は空気に触れないように小分けにして保存してください。

ミルラの樹脂

関連記事:ミルラのスピリチュアルな効果効能

 

ローズ

アロマの中で最も高い波動を持っています。

香りを嗅ぐと、一瞬で至福感に包まれるのは、ローズが持つ波動の高さゆえです。

ローズ

香りが素晴らしいアブソリュート(溶剤抽出方法)でしたら、2mlが5000~6000円程度と、水蒸気蒸留法に比べて安価です。

 

瞑想の時にはアブソリュートで構いませんので、是非ローズの素晴らしい香りを楽しんでみて下さい。

関連記事:ローズのスピリチュアルな効能と効果

 

サンダルウッド

木の芯から抽出されるサンダルウッドは白檀といって、日本でも仏具に使われてきた伝統的な香りです。

仏陀が荼毘に付された時、白檀が使われたと言われており、今でもお香などに良く使われています。

インドではサンダルウッドをペーストにして、出家者が顔や身体に塗る習慣が今でも残っています。

 

心がくつろぎ、とてもリラックスできますので瞑想におすすめです。

 

ラベンダー 

癒しのアロマと呼ばれているほど、ヒーリング力が高いラベンダーは、あなたのハートチャクラを開いて優しい気持ちにさせてくれるでしょう。

ラベンダーのお花

とてもバランスのいいアロマなので、感情が乱れがちな時にもおすすめです。

リラックス効果が非常に高いので、眠くなってもいい時や夜の瞑想にいいでしょう。

関連記事:ラベンダーのスピリチュアルな効果効能

 

ローズマリー

ローズマリーは魔除けのハーブと呼ばれており、直観力を高めて真実を観る事をサポートしてくれます。

ロールマリー

ネガティブなものを取り去って浄化し、また集中力を高めてくれます。

とても頭が明晰になりますので、朝使ってあげるとその後の仕事がはかどります。

関連記事:ローズマリーからのスピリチュアルなメッセージ

 

アロマを使った瞑想のやり方

1.お気に入りのアロマを用意します。

2.目を閉じて、香りがお鼻を通じて全身に行き渡っていくのを感じていきます。

3.口から息を吐き切って、その後鼻から自然に息が入ってくるのを感じます。

4.鼻から吸って鼻から息が出ていくようにしますが、難しければ自然な呼吸で大丈夫です。

 数回続けているだけで、心の中のモヤモヤがなくなっていくなど、内側の変化を感じられます。

瞑想と香りの歴史

香りには昔から神殿や教会で使われてきました。

フランキンセンスなど樹脂系のアロマを焚き、煙によって場を清めて浄化し、人と神と繋げるスピリチュアルな役割を香りは担ってきたのです。

 

香りによって神聖な気持ちになったり、敬虔な心を育んだりしてきました。

つまり、神・宇宙・真我と「わたし」をつなぐ橋渡しをしていたのです。

アロマは場の波動を上げて、私たちをスピリチュアルな高次元の存在と繋げてくれているのです。

Pope Francis uses incense as he celebrates Mass marking the feast of Mary, Mother of God, in St. Peter's Basilica at the Vatican in this Jan. 1, 2017, file photo. Conflict, climate change and poverty are driving the demise of the tree that produces frankincense resin. (CNS photo/Paul Haring)

 

アロマ瞑想会のお知らせ

アロマを使った瞑想を体験してみたい方向けに、満月と新月にヒプノアロマ瞑想会を定期的に開催しています。

☑宇宙と繋がってメッセージを受け取りたい

☑瞑想がいいと聞いてはいるけど、一人で座ってもなかなか集中できない

 

そんな方のために、100本ほどアロマをご用意して引いてもらい、そのアロマを使って誘導瞑想を行っていきます。

詳細は新月の満月のヒプノアロマ瞑想会のページよりご確認ください。

 


 

魂の望みをアロマで叶える~無料7日間メール講座登録はこちらからどうぞ

スピリチュアルアロマ無料メール講座

■関連記事

恋愛がうまくいかない時のスピリチュアルな9つのテクニック

サイキック能力を簡単に覚醒させる3つの方法とは?

経験0、顧客0から始めたサロンオープンの物語

セルフイメージ(自己肯定感)を書き換えて上げる21の方法

ローズのスピリチュアルな効能と使い方~アロマからのメッセージ

豊かさを引き寄せ、エッチな気持ちになる~トンカビーンズの甘い香り